ペイディアプリ

paidy.jpg

必要なのはメールアドレス電話番号だけ、クレジットカードも銀行口座登録も必要ないので手軽に後払いが使えるPaidy翌月払いのアプリ。

もちろん支払いはまとめて翌月で、コンビニでアプリの画面を見せるだけで支払がきます。

Paidyアプリの使い方

メールアドレスと電話番号を入力すると、4桁の認証コードがSMSで届くので、コードを入力すればすぐに利用できます。

​あとは、通販利用時にPaidy翌月払いを選択するだけ!

利用状況もアプリでチェック

利用明細の確認や月々の利用状況をグラフで表示することもできるので使い過ぎや支払予定もアプリから確認できます。

支払はまとめて翌月に

毎月の利用分を翌月10日までにコンビニ・銀行振込・口座振替でまとめてお支払い。コンビニで支払いならレジでアプリを見せるだけ。

登録時に必要なメールアドレスはGmailやYahoo!メールなどのフリーメールでも登録可能です。(審査通過をお約束するものではありません)スマホを持っている方でもキャリアのメールアドレス自体を知らない(使っていない)方も多いと思いますので嬉しいですね。

利用時の注意点

 ①未払い

利用代金は翌月の期日までに口座振替・コンビニ払い・銀行振込のいずれかを利用して支払います。 支払期限を過ぎてしまうと遅延損害金が発生し、さらに延滞を放置すると信用情報に傷がついてしまう可能性もあるため注意しましょう。

当然ながら利用した分は必ず支払う必要があります。​

 ②アプリのアンインストール

誤ってアプリを削除した場合でも、再インストール後に登録済みの情報でログインすれば過去の利用明細やご利用履歴をご覧になれます。

​削除しても支払義務自体が削除される訳ではありません。

 ③機種変更

機種変更後も登録内容を引き継いでご利用が可能です。

  1. 新しいスマートフォンに「Paidy」をインストール

  2. アプリ起動後、ログイン手続きへ進む

  3. 初回Paidy利用時に入力したメールアドレスと携帯電話番号を入力

  4. 本人確認のため送付される4桁の認証コードを入力するとログインできます

 ④手数料

コンビニ払いをご利用の場合1回あたり最大税込356円の支払い手数料が発生します

 ⑤Paidyプラスとは

本人確認を徹底し、詐欺・なりすまし行為を防止するための機能です。また自身で予算を設定することができ予算設定額を超えた場合はお客様にメールと通知が届くため、使いすぎ防止に役立ちます。予算設定額を超えても決済はできるのでご注意ください。

 ⑥使い過ぎに注意

登録から利用まで手軽にできるため、「お金の感覚」が薄くなってしまうかもしれません。万が一未払いの放置などが生じた場合には、登録した携帯電話から個人の情報を参照することも可能なので、利用したら必ず支払をする必要があります。

スマートフォンの普及に伴い様々なものがアプリとして利用できて便利になっています。支払は翌月に一括という部分はクレジットカートに似ていますが、クレジットカードのように作るのに手間がかかったり、利用時にカード情報を入力する手間がないので、欲しいと思った時に手軽に利用が開始できるPaidyアプリがとても便利です。

後払い通販の基本情報
決済サービス別
おすすめの商品
ショップカテゴリ
関連情報